アルコールは太るもと

習慣的なアルコール摂取は太るもとなのです。では、なぜアルコールを飲むだけで太るのでしょうか?

酵素方法の理論で豆腐効果を引き出すダイエット

豆腐

酵素方法の理論をダイエットで活用するためには、豆腐を使って豆腐効果を引き出す必要があります。この効果によってエネルギー代謝が活発となり、お腹の新陳代謝も十分に働くようになります。そのままの豆腐を利用するだけでは効果が限定的となるため、発酵によって酵素を増やす必要もあります。

沖縄や中国には豆腐を発酵させた食品があり、昔から保存食として珍重されています。発酵させたものを食べることで、ダイエットの酵素方法の効果を底上げできます。発酵させた豆腐は調味料としても使えるため、料理全般で活躍します。玄米飯と一緒に食べることは特に理想的であり、酵素や食物繊維に加えてビタミンB1も摂取して、エネルギーを燃焼させることができます。

豆腐効果を引き出すためには、同じ大豆食品の味噌と一緒に食べることも理想的です。豆腐田楽は低脂肪で高タンパクな料理で、肉の代わりとしても適したものです。最後に味噌だれを塗って香ばしく仕上げて、そのまま食べればおかずにもなります。酵素を失活させないために、味噌は加熱しすぎないようにします。味噌汁にして調理する場合でも、味噌は最後に火を止めてから加えることが大切です。豆腐の味噌汁にも豆腐効果がありますから、ダイエットの一汁三菜の食事で重要な役割をしてくれます。

酵素方法の理論に忠実であるためには、豆腐効果の特性を常に理解する必要があります。豆腐は薬膳では寒性の食材とされ、体の熱を取り除く効果があります。しかしながら、ダイエットの場合にはお腹を冷やさないほうが理想的です。そのため、酵素と辛味の効果を加えて調理することが行われ、味噌汁や麻婆豆腐などで使われています。冷奴を食べる場合には、火入れをしていない生醤油をかけても酵素方法になります。